CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記

パリと東京。Aさんとわたし。

日常

バイクの免許がほしい話

Aさんとわたしがいつか欲しいもの。それはバイクの免許(とバイク)です。 わたしはYouTubeでたまに、バイクで延々とツーリングする動画を眺めて過ごすのですが、自分でもまだ免許もないのにバイクに乗れれば良いなと思うのです。Aさんは「自動車とバイクな…

揺れる101本目

100本目と知らずに、今日この前の記事を予約投稿していたのですが、予約投稿したとは気づかずに、昨日お披露目の話をいたしました。 cdghnd.hatenablog.com 昨日の電話 昨日は電話がかかってきまして、唐突に 「やっぱりお披露目はやめないか」 と、Aさんが…

薄いコーヒーの話

Odai「コーヒー」 近距離生活で「Aさんと一緒にいるなあ」と実感することは、いろいろあります。中でも近距離生活の最初数日の間、朝起き一番に実感するのは、Aさんの淹れるコーヒーの薄さです。 大抵はわたしが朝先に起きますので、普通はわたしが好みの濃…

焼肉で話す

久し振りに何も義務のない週末がやってきました。 昨日、友人ご夫妻が焼肉に誘ってくれました。偶然とはいえベストなタイミングでのお誘いに、とても嬉しい気持ちで待ち合わせの場所と時間を約束して、寝ました。 今日は早めの時間に新宿駅東口で待ち合わせ…

家族に母語が通じない話

わたし達はお互いに外国語としての英語で会話しています。英語を使う仕事をしているので、英語が下手くそで毎日の会話にも苦労するということはないのですし、わたし達のコミュニケーションの失敗はほぼ英語とは関係ない(母語で喋っている場合でもあり得るよ…

誰に伝えないのか

久しぶりに仲間たちとジムに行くことが出来ました。 通常の仕事の他に、締め切りのある仕事を余計に入れたせいで、旅行の予定だけでなくて、ジムの予定も諦めていたのでした。 予定変更(しながら本質を守る) - CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記はてなブックマ…

4 weddings

朝起きたら、Aさんから大量のメッセージが入っておりました。 「なんだなんだ」と思って読んでみましたら、何やら、結婚系のリアリティTVの番組を見つけたようです。というわけで、今日はわが家にないテレビの話。 4 weddings Aさんが話題にしていた番組がTF…

ながらの話

Aさんが常々不満に思っていることがあります。それは、わたしがマルチタスクをしようとしてうまくできないことです。「あーたは、マルチタスクはできないんだから」とAさんはしばしば言います。 とりわけAさんが不満なのは、わたしが通話中に気になることを…

「おめでとう」の話

ここ最近、ここが急に「国際結婚ブログ」に化けた感じがします。とはいえ、遠距離恋愛状態は変わらないわけで、パートナーと毎日顔を突き合わせているわけじゃない。ということは、状況の変化はほとんど感じられないわけです。わたしは急激な変化に弱いタイ…

たぶんメロンパンの話

Aさんはわたしが留守の間に仕事をしている訳ですが、仕事に煮詰まると近所のスーパーに買い物に出かけているようです。家にいたばかりでもしようがありませんから、出かけてくれるのはありがたいと思います。 近所の散歩 うちの近所のスーパーには、バックヤ…

ガス検査

無事にAさんは我が家に到着して、わたし達はしみじみと日常を過ごしております。わたしは休暇ではないので、昼間はAさんも家で締め切り仕事をしているのようです。 お留守番イベント 昨日早速Aさんはお家お留守番の醍醐味を味わうことになりました。 ガスメ…

畳の部屋の話

わたしのアパートは就寝スペースが畳敷きです。欧州滞在中はずっとベッドで寝ていたので、今のアパートを探すときは畳の上で寝たいなと思っていました。欧州に住むまでも別にベッドの上で寝ていたので、「懐かしい」という気持ちがあったわけでもなく、なん…

出迎え準備

帰国して帰り道に気がついたのですが、Aさんが羽田空港に到着するまで1週間もない! これはえらいことです。部屋が片付いていません。 困りました。 家具の箱が届いた - CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記はてなブックマーク- 家具の箱が届いた - CDG-HNDな遠距離…

どこでも(割と)つながる

この投稿、そして1つ前の投稿もポーランドのインターシティ列車の中から投稿しています(予約投稿に設定しているので、公開される頃は飛行機の中かもしれません)*1。 cdghnd.hatenablog.com ポーランドの公共Wifi ポーランドについてみて驚くのは、あちこち…

上手に友人に頼る話

困ったときに、すぐに誰かに頼ればなんとかなったのに、タイミングを逃して余計面倒くさいことになったとか、迷惑をかけた……そんなことありませんか。わたしには、定期的に起こります。 頼らられば嬉しい のに頼らない 解決法を探している

パートナーを悪く言わない友人たちの話

欧州に住んでいた頃に気づいたことなのですけれど、パートナーを悪く言わない人々と会っていると、ラクです。

海外送金面倒くさい

仕事の都合で、ポーランドに送金する用事があったのですが、久しぶりにする国際送金は大変面倒になっていました。 というわけで、メモをば。 郵便局 昔は郵便局から簡単にできたように思うのですが、記憶違いだったのか、少なくとも現在は口座を持っていない…

つばめグリルが好きだ

友人たちと待ち合わせて、ミーティングのあとにつばめグリルに出かけました。 10日間の入り口 実はこの連休は様々な作業で色々と気忙しくなりそうなのです。けれど、そんな10日間の入り口に様々なよしなしごとを話すことのできる友人たちがいることは、素敵…

家族の祝い事に参加するのはいつからが適当なのか問題

父が古希を迎えまして、めでたいので家族揃って先日お祝いごとなどをいたしました。 わたしが幹事役になって、ちょっと美味しい料理屋さんにでかけたわけですけれど、無事に父に喜んでもらえたようで良かったです。 その準備などをしながら思ったことは、カ…

似合うとか似合わないとか

人には、似合う着こなしと似合わない着こなしがあるんだそうです。わたしは、この歳になっても自分に何が似合うのかよくわかりませんし、何をきても結局似合わない気がして辛くなるので、洋服を買いに行くのも億劫です。もちろん、そんなことを言っている場…

通話の頻度の話

遠距離恋愛でも連絡は随分楽になりました。個人的な感覚だと、(お金のことを考えなければ)国内でも東京↔九州くらいの距離の遠距離恋愛(や単身赴任)と苦労はそんなに変わらないのかもしれないと思います。 とりわけ楽になったのがインターネットを経由す…

よく牡蠣食う客が惚気る

昨日ははてなハイクで知り合ったみなさんとオフ会をいたしました*1。 企画名は、「牡蠣と日本酒とローストポーク(は食べないかもしれない)オフ」でした。その名の通り、牡蠣と日本酒をたらふくいただきましたよ*2。 なんと持ち込み可のお店でしたので、幹事…

ふるさとは遠くにありて

東京でできた仲間は、わたしが日本育ちであることをしばしば忘れます。「それはなぜかね」と訊いてみたところ返ってきた答えがこれでした。 「だって帰りたい場所は、ここじゃないでしょう?」 とその仲間は言います。彼女にとっては、帰りたい場所が故郷な…

文化? 環境? 個人?

わたし達は、intercultural なカップルと言えると思います。わたし達は別の国に生まれ、別の母語を喋り、別の文化圏で育ちました。だからこそ、このブログは遠距離恋愛だけでなく、国際恋愛についてもテーマになるわけです。 違和感 どこに違いがあるのか 現…

家具の箱が届いた

この間買った家具がとどきました。午前中に時間指定したら、8時過ぎに配送時間の電話を頂いて、「9時から11時ですが、おそらく9時の方に近くなると思います」とのこと。そしてほぼ9時ぴったりの到着。 cdghnd.hatenablog.com

ゾーン制運賃が東京にも導入されてほしい(……けど)

日本に遊びに来てくれるドイツやフランス在住の友人には、東京の運賃が高いように感じられるようです。確かにSuicaやPASMOのチャージが減るスピードは、とても速いように感じます。特に、複数の会社を跨いで移動すると、高くなります。 ゾーン制運賃の良いと…

スーパーの鮨の話

Aさんはお鮨が好きです。 日本に来る前から、デートで鮨屋さんに出かけたがりました。 パリにはやたらと鮨屋があります。東京の中華料理店みたいに、大抵家族経営で、経営者の顔ぶれも様々です。そしてパリの鮨屋さんは、ちゃんと店を選べば日本の回転鮨くら…

モバイルインターネットで生きる

わたし達の関係はインターネットへの接続性の良さに依存しています。1万kmを乗り越えるために必須な通信手段です*1。 cdghnd.hatenablog.com というわけで、今日はわたしの東京生活でのインターネット接続の話。 インターネットは縛りのきつい固定費 契約年…

パスティス

(今週のお題「お気に入りの飲み物」) わたし達がパリで好んでいただく飲み物は、ビールとパスティスです*1。 昨日は、パリで飲むビールについて書きましたので、この記事ではパスティスの話をしましょう。 cdghnd.hatenablog.com パスティスは南仏から 食…

パリのビール

(今週のお題「お気に入りの飲み物」) Aさんとわたしのお気に入りの飲み物は、ビールとパスティスです。パリに住んでいた頃は(そしてわたしがパリに行けば今でも)、よく2人でカフェやバーで飲んだものです。 パリにはカフェーはそれこそ掃いて捨ててもまだ…